かんたん予約

ブログBlog

2018.8.10 ホームケア orgoシャンプートリートメントホームケア美容室麻布十番

ヘアケアの基本(シャンプー編)

こんにちは‼️😊

アシスタントの市下です‼️

今回は誰もが当たり前にしているシャンプーの正しいやり方についてです‼️

実はシャンプーのやり方1つとっても意味あることが多いのです。

それではまずは

ブラッシングで髪の毛のからみや汚れを落とす

あらかじめブラッシングをして、髪のからみや汚れを取っておくと髪を洗う時の切れ毛や抜け毛が防げ、シャンプーの泡立ちも良くなります。また、血行も良くなるので汚れを浮かしやすく落としやすくなります。

予洗いで髪と地肌をしっかり濡らす

シャンプーの泡立ちを良くするために、髪と地肌を充分に濡らす予洗いをします。これは髪へのダメージを抑え、地肌もまんべんなく洗うための重要なポイントです。シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役目もあります。

シャンプーをつけるのは泡立ててから

シャンプーをそのまま髪や頭皮につけてしまうと、刺激が強過ぎたり、ムラづきしたり、すすぎ残しが多くなったりします。シャンプーは手に取って良く泡立てて使いましょう。頭頂部の頭皮は紫外線などの影響によりもっともダメージを受けやすくなっているのでシャンプーは後頭部などから付け全体になじませていきます。

洗うときは頭皮をもみほぐすように

地肌を指の腹でマッサージするように洗いましょう。マッサージは地肌全体に行き渡るように、特に耳周りや襟足、生え際などは洗い残しやすい部分なので丁寧に洗いましょう。髪はシャンプーの泡が行き渡れば充分に汚れが落ちます。

すすぎはしっかりと

シャンプーが残らないように、髪に残った泡を軽く手で落としてからすすぎます。すすぎも同様に、耳周りや襟足、生え際は念入りにしましょう。

トリートメントは髪につける

適量を手に取り地肌を避けて毛先から髪全体につけ、目の粗いくしなどで全体を梳かしてなじませましょう。トリートメントはなじませたあと、少し時間を置くと効果的です。すすぎではしっかり流して流し残さないように注意しましょう。

日々のやり方を1つ変えるだけでも改善されることはたくさんあります。髪や頭皮で何かお悩みがある方は是非お越しください‼️

orgo

市下 航平

-->